投資家の皆様

利率を上げるべきかどうか、利率引上は投資家を不安にしました。利率の動きにたいする不安です。FRBと地方銀行取締役は、投資家を不安にしたという点では意見が一致していますが、その速度については大きく対立しています。今、市場は利率の動きを察知するためにFRBの一挙手一投足を注視しています市場は金利見通しをするために連邦準備制度理事会の職員が発する言葉に常に耳を傾けています。投資家はすでに3ヶ月と12ヶ月のUSD LIBOR(ライボー:ロンドン銀行間取引金利)の政策調整について悲観的な見方を知ています。この中央銀行を介入へと追い込んだ不安は、欧州中央銀行の景気刺激策に対する反対に基づくものです。投資家は動きの激しい予想が困難なアフリカに慎重な姿勢を見せています。しかし、弊社はその動きこそが投資の機会になると期待しています。

日本銀行はイールドカーブ(利回り曲線)のコントロールするという、新たな方向性を示しました。同様の金融政策は1960年台にアメリカで使用されましたが、結果的に先進国経済の不安定化とインフレの大幅な悪化につながりました。他の主要国の中央銀行が同様の戦略を行う可能性があります。もし、実現した場合は、当社の強気の中期実物資産と新興市場マクロビューに有利に働くでしょう。

南アフリカ

ヨハネスブルグ証券取引所は、今月、アフリカランドのボラティリティが投資熱の低下に大きく影響を与えました。しかしながら、ヨハネスブルグ証券取引所はいずれの新興国からも、その恩恵に預かることができませんでした。マクロ経済面では、南アフリカの第二四半期の経済成長率は3.3%に達しました。これは当初の予想を大幅にうわまるものです。第いい四半期の成長率は1.2%で、成長率が2.6%に達すれば、景気後退を回避できると見込まれていました。その上、輸入より輸出の総額が増え、33.3億ランドの貿易黒字を記録しました。

最近の調査では、降水量の増加により小麦の予想生産高を1.2%増やたことがわかりました。今年に入って初めてインフレ率が上限目標を下回る5.9%に達しました。南アフリカ準備銀行は予想通り3度めの会合で金利を7%に維持することに合意しました。GTDの予想成長率は0.4%から0%、予想インフレ率は平均6.4%で、目標帯域の上端である3% から6%を少しだけ上回りました。利率の段階的な引き上げはすでに完了し、2017年まで利率は変化しないという見方が一般的です。 

ナイジェリア:

しかし、当社はナイジェリアの経済を希望的に観測しています。その理由は2つです。

1. ナイジェリア政府のニジェールデルタの紛争解決への進捗

2. オフショア借入計画の明るい見通し

これらの動きはドル流出環境をナイラ支援環境に変化するでしょう。

ナイラは産油国からすでに引く評価を受けている一方、NGN(ナイラ)はUSDに対しては正当な評価を受けていると多くの指標が示しています。2016年の頭から50%以上を流出しました。

タンザニア:
タンザニアの資本市場及び証券庁(CMSA)は、2016年の「アフリカの最も革新的な資本市場レギュレータ」賞を受賞しました。

ケニア:
ケニアのマクロリスクは、米国のビジネスサイクルが低くなるにつれてより顕在化しています。法的な最高または最低利率を市場精算レベルを下回る値に設定した場合、合法な市場の縮小につながるのではないかと投資家を不安にしています。この政策は、政府が支援を増やすことを目的としています。来年の選挙に向けて、政府の支援を高めるためのこの政策は法的責任があることを証明します。ケニア中央銀行は、民間部門の与信をサポートするために、金利を50ベーシスてポイント・10%引き下げました。これはこの4ヶ月で2度目の利率引き下げです。また、中国の景気後退が工業製品の輸出国にもたらした衝撃を回避した後、ケニアはアメリカの製造業の景気後退にたいして非常に脆弱になりました。

これらの要素により、ハードランディングへの不安がまし、来年のGDP成長率予想を6%から4%に下がりました。

投資論文:

今月は地域全体のボラティリティの大幅な増加がありましたが、アフリカの成長は止まっていません。リターンは常に線形ではなく、忍耐は常に報われることを思い出さなければなりません。同ファンドは防御姿勢を維持しますが、開発を観察しながら、投資ポートフォリオに加えるための最適な機会を探ります。

来月のニュースレターでお会いしましょう。