REITとは?

REITとは何か

REITは「Real Estate Investment Trust」の略で、日本語にすると「不動産投資信託」。その名称の通り、不動産に特化した投資信託のことです。ちなみにREITは「リート」と読みます。

REITでは、投資家から集まった資金を専門の投資会社がマンション、ホテル、オフィスビルといった不動産に投資し、その利益が投資家に分配されます。基本的な仕組みは一般的な投資信託とまったく一緒で、投資会社の投資先が住宅やビル、商業施設などの不動産になったというだけの話。投資信託に一度でも投資したことのある方なら、比較的とっつきやすいと言えるでしょう。

REITは通常の株式銘柄のように市場に上場していることも多く、世界各国で様々なREITが上場しています。ちなみに「J-REIT」という言葉を耳にしたことのある方も多いと思いますが、これは日本で上場しているREITのことを指す用語です。REITの各銘柄の特徴は様々で、住宅用、商業施設用といった特定の不動産用途に特化した銘柄もあれば、ある特定の地域の不動産にだけ特化している銘柄もあります。

REITの魅力とメリット

REITへの投資には多くの魅力やメリットがあります。たとえば「比較的少額でも投資できる」という点もそのひとつ。不動産に直接投資するとなるとそれなりに大きな金額が必要となってきますが、REITであればお手頃価格で不動産への投資を始めることができます。

また、「不動産投資の専門家が分散投資を行うので安心度が高い」というメリットも。REITで実際の投資運用を行うのは投資会社のプロフェッショナルですから、自分自身で不動産投資するよりも安心度は高いと言えます。さらにREITでは複数の投資先に投資家の資金が分散されるようになっているので、この点でも安心感があります。

REITのリスクとデメリット

もちろん、REITにもリスクやデメリットは存在します。代表的なデメリットとして挙げられるのが、「自然災害などによる被害が発生した場合、分配金が大幅に減る可能性がある」という点。REITの投資対象は不動産ですので、どうしても自然災害の被災メリットはなくすことができません。

もうひとつ、REITには銘柄が上場廃止になったり、投資会社が倒産してしまったりするリスクもあります。ただこれはもちろん他の投資商品にも当てはまることなので、REITが特段そうしたリスクが高いというわけではありません。

まとめ

それでは最後に、ここまでのキーポイントをざっとおさらいしておきましょう。

  • REIT(不動産投資信託)とは、投資対象を不動産に特化した投資信託のこと
  • REITには、「比較的少額でも投資できる」「不動産投資の専門家が分散投資を行うので安心度が高い」といったメリットがある
  • REITには、「自然災害などによる被害が発生した場合、分配金が大幅に減る可能性がある」「銘柄が上場廃止になったり、投資会社が倒産してしまったりする可能性がある」といったデメリットがある

数ある不動産投資商品の中でも少額でスタートでき、始める際のハードルが低いと言えるREIT。不動産投資や投資信託にご関心のある方は、ぜひこれを機にREITへの投資を検討してみてはいかがでしょう